親権者を決めないと離婚できない

離婚をするときに20歳以下の結婚をしたことがない子供がいる場合、必ず夫婦うちどちらか一方がその子供の親権者にならなければなりません。これは離婚届に記載する欄があるので、これを記載しないと離婚自体が受理されません。法律で定められた決まりです。離婚届の記載の段階でとりあえずで書いてしまうと、戸籍にも記載される重要な事柄になるので、のちのち変更する場合には家庭裁判所で手続きをしなければならないなど、とても面倒な作業が必要になります。あらかじめ事前に話し合って決める重要な事柄になります。

 
では、子供が複数いた場合どうなるかというと、基本的にはどちらかの親が全ての子供の親権を持ちます。子供の年齢が高い場合など子供の意見で二人の親に希望が分かれる場合など、例外的に判断される場合はあります。親権の問題も弁護士などのプロに相談すべき事柄になります。
また、親権は原則的に実際に子供と一緒に住み、育てるということと、経済的な援助をするという意味合いがあります。経済的に実際に子供の面倒をみることができないなどの例外的な事情がある場合、さらに別の取り決めが必要になるので、弁護士などへ相談し、希望と現在の状況を伝えて最善の方法を選択します。

Comments are closed.