自分の意志に反して離婚届が出された場合(離婚の無効)

配偶者が、勝手に離婚届を提出し、それが役所で受理されて離婚成立となってしまう事は珍しい事ではありません。

犬07
窓口では、提出された離婚届の筆跡鑑定はしませんし、その離婚届が、お互いが合意の上で書かれたものかどうかの確認もしません。

 
ですから、必要事項が記入された離婚届を役所に提出すれば、それだけで離婚が成立して戸籍が書き変わってしまうのです。
配偶者の欄を、誰かが代筆した物であれば、有印私文書偽造罪という犯罪になりますが、すぐに戸籍などが戻る訳ではありません。
勝手な離婚届の受理を防ぐ為には、離婚届が提出されても受理をしないように申し出をしておく不受理申出制度がありますが、これは、離婚届が提出されるまでに申請しておく必要があります。

 
この不受理申し出制度が間に合わず、離婚成立となってしまった場合でも、家庭裁判所に離婚無効の調停を申し立てる事ができます。
調停を起こし、配偶者が一方的に離婚届を提出した事を認めた場合、離婚の無効という審判が出る事になります。

 
ただ、相手が非を認めないと、離婚は無効になりません。

 
その場合は、地方裁判所に離婚無効確認をする事ができます。
裁判所が認めれば、その離婚は無効となります。

Comments are closed.