離婚前に決めておいたほうがよい問題

いざ、離婚をしよう、と思うと焦りすぎてしまい、決めるべきものがあるのに、それをしないまま離婚してしまいがちです。
しかしながら、離婚をする前に決めるべき問題はたくさんあります。
例えば、子供が居る場合ですと、親権をどうするか、ということを決めなければなりません。

 
ただし、これはどちらかが必ず親権を持つので、後回しにされることはありませんが、話し合いはきちんとしておかないと、後々自分に帰ってきます。
親権を決めたら次は養育費です。

 
こちらは払わない、ないし払ってもらわない、という選択肢がありますので話し合いをしておく必要があります。
特に後者の払ってもらわない、というのは早く離婚したいがために共働きの夫婦が取りやすい選択肢ですが、自分が病気になったことなどを考えれば、安易に払ってもらわない、という選択肢を取るのはお勧めできません。

 
前者は親としての資質が問われるでしょう。
子供以外にも財産分与をどうするか、ということも話し合わなければなりません。

 
基本的には結婚後の財産は共有財産として扱われ、半分ずつに分けることになります。

 
また、夫婦のどちらが原因、例えば不倫、などで離婚する場合には、慰謝料の請求も話し合わねばなりません。
離婚前に話し合うことはこれ以外にもたくさんあるので、焦らずに一歩一歩離婚への歩みを進めていくことが大事です。

Comments are closed.