協議離婚の手続きの仕方

結婚するときには、本当に相手への思いやりの気持ちもあり、一生ともに生きたいと思って、一緒になるのですが、それもそう長く続かないということもあるのです・最近では、日本の離婚率も上昇して、バツイチやバツニといった人もかなりいるのです。これも女性の力が強くなってきて、仕事でも家庭でも権力を持つようになった表れでしょう。

犬01
別れる時には、話し合いで一連の取り決めができ、手続きをしていくのが一番いいと思われます。協議とは話し合いということで、その話し合いで成立する離婚方法を協議離婚といいます。協議離婚というのが、現在主流であって、たいていの夫婦がそれで離婚するのです。別れるときには、子どもの親権や養育費、慰謝料や面会などについても取り決めをするのです。これはとても重要です。

 
緑色の文字の用紙である離婚届に、双方が記入し、サインや押印をしてから証人2人にサインをしてもらい、役所に届けることになります。離婚によって、旧姓に戻るか、そのままの姓を名乗るのかは決めることができ、書類を出すことになります。

 
やはり、結婚した限りはお互いに努力をして歩み寄った上で、生活をしていくのが一番いいのですが、苦痛を我慢していくのも大変です。よく相手と話し合い、将来を考えるべきでしょう。

Comments are closed.