協議離婚とは

最近は、バツイチ・バツ二などの経歴のある人が増えています。日本の社会でもそれがあたり前になっているのです。これも女性の社会進出が影響しているともいわれているのです。ほかに好きな人ができたり、生活をしていて違和感を感じると、我慢せずにわりと平気で別れるような風潮があることも事実です。
法的に別れるときには、双方の同意と手続きが必要になります。これが子どもがいたり、財産がたくさんあったりすると揉めたりするのですが、しっかりと話合いをして別れるのを協議離婚といいます。
子どもがいたりすると親権の奪い合いになったりすることもあり、泥沼化することが多いのです。親権はどちらも譲りたくないですよね。しかし子どもの幸せを考えてしっかりと決めなければなりません。親権で悩んでいる方にはこのWEBsiteがおすすめです。また、暴力が原因だったり、相手とどうしても顔を合わせたくないというときには申し立てをして、調停になるのです。
しかし、日本の現状としては、協議で離婚する条件をきめたりすることがほとんどであり、9割型のカップルは自分たちの力で解決の方向に持ってくるのです。離婚届には、双方のサインなどを記入し、あとは2人の証人を立て、サインをしてもらい。役所に届を出せば、離婚が成立します。
そして、新たなる人生が始まるわけです。自分の人生を切り開くステップでもあるのです。